注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

Amin i mujin jai amuran isamjara ejebun

 
 
 

日志

 
 

女真馬 ju?en niyalma i morin  

2007-08-31 03:05:26|  分类: 笔记 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 

周知の通り、明朝の海西、建州及び各部女真(ju?en)の牧畜業が盛んで、中には馬の飼育が突出的な地位に占有していた。満洲地方では馬の養殖によいことがロシアの飼養の専門家の考察によって、認定された。
 
女真馬が自分の特徴を持って、欧州馬とは大きな違いがあり、普通は背が低く、よい耐力の上で脚力も抜群であった。品種はモンゴル種、朝鮮種、ヤクート(エヴェンキ)種と満洲種全4種であった。これらの馬が現在のモンゴルの馬と類似し、背が低くて体重も軽く、負荷と快走も得意で、毎日100から~200ロシアの里の程に至り、特に東シベリアの柔らかい草野での生きによく合っていた。
 
文献にて貧しい記載では、満洲地方での馬の養育業の具体的な産地とか、満洲族の馬の飼育のポイントなどの問題については、殆ど知られなかった。近代のある学者はこんな問題を考察し、満洲馬の主な産地は三姓、臨江、富錦などの所である。この地域では明、清の時代及び大前の期間には、“荒漠が多く、遊牧が盛んなので、馬が多かった。”この地域の南における穆菱河地区とは、一つの馬の産地として有名であった。穆菱或いは摩琳というような言葉の語源も満州語のmorinで、即ち、馬の意味である。その他には、西シベリア騎馬オロチョン族の地区では馬の産出量も高かった。
 
満洲馬が“大きくて温順”なので[①]、朝鮮の辺境防衛軍に羨ませてやまなかった。満洲馬を輸入したために、朝鮮国王が慶源、鏡城の辺境の官吏に命令し、本国の物産で建州のモンゲァティェムル(猛哥帖木儿)と交易させ、“大形の牡馬と牝馬”を輸入し、“孳息”するためであった。[②]
 
朝鮮馬とは別の種で、主な産地が朝鮮域内の全羅道の済州であった。[③]しかし、“大きくて温順な者”が産出しなかった。朝鮮の北部国境の軍事力を強化したため、咸鏡道が女真人と雑居していること及び近隣としての利点で、穆菱河の馬を輸入してから、馬を出産するのが効き、即ち“良馬多産”であった。文献の記載を分析してみると、満洲馬とは純粋な種類ではなく、数多くのはモンゴル馬と交配して混血馬で、或いはモンゴル馬と言われていた。しかし、満洲馬も固有な特色があったので、康熙の時代、“関西馬は皆、モンゴルで出産する”と認められていて[④]、関東馬が満洲馬(即ち胡馬)は主な品種とするべきであった。もちろん、清の末期、専門的に“満洲馬”と呼ぶ人は非常に少なくなったのだ。その原因がある地域では原産の旧品種を淘汰したとか、既にモンゴル馬を採用したので、女真人の間に“モンゴルのそこからもらった”良い馬という話も盛んだ。
 
東方の小形馬の種類には朝鮮馬が一番小さい。明朝の女真人は自分の優良な馬の種を持ったばかっりか、朝鮮の小形馬に対しても断らなかった。自分の牧畜業を発展と軍事力を強化したため、よく自分の少数の良い馬で、朝鮮からもっと多くの馬匹を取り換えた。明の正徳七年(1512年)、朝鮮の辺境防衛軍の報告によって、“我が方、牛、馬は七、八頭で胡馬を一頭換え、これが胡人の馬匹は日増しに繁盛になれるのだ”。[⑤] このような違い品種からできた値鞘、清の中頃、末期に至ったとしても、相変わらなかった。即ち、モンゴル馬は“高麗馬の価格の一倍”となっていた。[⑥] 上述から判れるのが、明朝の女真馬が胡馬、即ち満洲馬、モンゴル馬、朝鮮馬及び混血馬から構成されたのである。
 
歴史家がエヴェンキ馬をヤクート馬にして認定し、実はこんな馬も単一的な品種ではなかった。周知の通り、エヴェンキ族はもともとトナカイに頼って暮らして、生活の環境が変わったのだから、だんだん馬を飼い始めた。彼らの馬はモンゴル馬からであった。[⑦] しかし、こんな馬の特徴がモンゴル馬とは全く同じではなく、もしかしては他種の馬と交配した後では新な変種なのか、あるいは環境の変遷という原因でも、答案が得られなくわかっていない。
 
終わり
 
質問:日本馬とは何の馬の種類に属すのか、大形馬だと思っているのだが、どこから、どうやって日本列島に上陸したのかといつも誰かに聞きたいのだ。

[①] [朝鮮李朝実録?成宗]293723ページ目。
[②] [朝鮮李朝実録?世宗]25370ページ目。
[③] (清)薛培容「東藩紀要」巻526ページ目の上。光緒八年(1822年)刊本。
[④] 楊賓「柳辺紀略」、見「小方壺斎輿地叢鈔」1帙目、357ページ目下。民国二十二年、南清河王氏鋳版
[⑤] [朝鮮李朝実録?中宗]16520ページ目;馬克「黒龍江旅行記」116ページ目。1977年、商務印書館。
[⑥] 楊賓「柳辺紀略」、見「小方壺斎輿地叢鈔」1帙目、357ページ目下。
[⑦] 「黒龍江旅行記」、116ページ目。
 
想像している"大形温順"な満洲馬:
  评论这张
 
阅读(59)| 评论(4)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017